ページトップへ

母めしのこだわり

伝統的な和食が基本

基本はご飯+一汁三菜。ご飯、お味噌汁、旬の野菜、季節の魚、味噌・醤油や納豆などの発酵食材も。やっぱり日本人にはお米が一番です。

日替わり母めし定食の黒板写真

驚くべき栄養バランス

母めしは、ビタミン・ミネラル・繊維質が豊富で、腸内の善玉菌を増やす発酵食品も多く使われます。そのため、お腹の調子を整えて健康なからだを作ります。

料理のクローズアップ写真

つくるのは本当のお母さん

シンプルで丁寧な調理法は素朴でホッとするお母さん味。ここには、旬の食材を活かすとともに発酵食品をたくさん採り入れるための、お母さんたちの深い知恵が隠されています。

キッチンの写真

こだわりの食材

旬の食材を食べることはからだの摂理に従うことにもなります。寒い冬はからだを温めるカボチャ、暑い夏はからだを冷やすトウガンを頂く。食が季節を運んできてくれるのです。

畑の写真

こだわりの食材のご紹介

食べたものがからだを作ります。
お母さんが大切な人に作るご飯は、美味しだけではなくて安全で安心なはず。
だから、やまもりカフェでは米、味噌、野菜、肉、卵、調味料など全ての食材にこだわっています。
でも、こだわっているからといって、お母さんは高級なものばかりを使えません。
リーズナブルだけれどこだわっている、そんな食材を探して使うのもお母さんの知恵なのです。

  • 米は秋田県の山石農園のあきたこまち
  • 味噌は山梨県の五味醤油の甲州味噌
  • 醤油は東京都あきる野市の近藤醸造のキッコーゴ
  • 塩は沖縄県のぬちまーす
  • コショウはカンボジアのアンコールペッパー
  • 鶏卵は東京都府中市の高野養鶏場の新鮮卵
  • 納豆は東京都府中市の登喜和食品
  • ソースは東京都東村山のポールスタア
  • お茶は島根県津和野の上領茶舖のざら茶
  • 野菜は山梨県北杜市の有機野菜や地元野菜