母めし料理教室@HUG.CAFE

IMG_6483

「母めし」でご支援しているHUG.CAFEさんでの料理教室がついに実現!

「母めし」ってどんなごはん?どうして体にいいの?
お料理の技術ではなく、食べることと生きることの繋がりについてお話しながら、旬の食材と基本の調味料(砂糖、塩、酢、醤油、味噌)だけで作れるお料理と、一汁三菜(ご飯、お味噌汁、お漬物、主菜、副菜2品)という伝統的なスタイルをデモンストレーションと簡単な実習でご紹介します。
今回は、みんなの「ママ」ことやまもり代表大久保も登場!母めし料理教室ではおなじみの講師こてやすこ、HUG.CAFEでおいしいごはんを作っている母めシスターズのみなさんと一緒に、日本のお母さんたちが作り続けてきた伝統的な家庭料理「母めし」の魅力をお伝えします。実習の後は、みんなで一緒に食卓を囲んで母めし一汁三菜ランチをいただきましょう!

「とにかくごはん食べなさい!」やまもり代表の大久保ママ

「とにかくごはん食べなさい!」やまもり代表の大久保ママ

「母めしで妙蓮寺を元気に!」母めシスターズのみなさん。

「母めしで妙蓮寺を元気に!」母めシスターズのみなさん。

=====開催概要========

[献 立]主菜:いわしの蒲焼き 副菜1:トマトのごまあえ 副菜2:いんげんと油揚げの煮物
ごはん、お味噌汁、お漬物

[講 師] こてやすこ
母めし健康食堂の本家「やまもりカフェ」スタッフ。
家族の病気から「カラダとココロは日々のごはんで作られる」ことを痛感。
2013年、「母めし」に共感しやまもりカフェスタッフとなり、
翌年より母めしを伝え広める活動として料理教室講師を務める。

[アシスタント]HUG.CAFE母めシスターズ

[ゲスト] 大久保久江
「母めしで社会を元気に!」をスローガンに掲げ、
健康食堂のプロデュースやレシピ本の出版など、
日本の伝統的な家庭料理「母めし」を伝え広める活動を展開。
㈱やまもり代表、「母めし一汁三菜」(マイナビ)著者

[日 時] 2015年7月28日(火)10時~13時
[場 所] HUG.CAFE  〒222-0011 横浜市港北区菊名2-17-13
東急東横線「妙蓮寺駅」から徒歩2分
[定 員] 20名
[参加費] 受講料3,200円(レシピ・母めしハンドブックつき)+母めし定食1,180円
[持ち物] エプロン、三角巾、お手拭タオル
[お申込み・お問い合わせ]
お申込みフォーム:https://goo.gl/xltyFX
お電話:045-718-5773(大池)

Share on Facebook

[レポート] 第3期「はじめてさんの母めし料理教室」 

2015.06.06hajimeshi3ki

第3期「はじめてさんの母めし料理教室」が終了しました。

お米のこと、出汁のこと、そして日々の献立の立て方のお話。
全3回の日程では、当たり前のようで、ちょっと忘れがちになっていた母めしの基本のお話と実習を行います。

DSCF3637

実習では、切り干し大根やゴマ和えやお浸しなど、常備菜としても日々使える副菜や、お肉やお魚で鉄板の主菜、そして最終回では親子丼もささっと作れるようになってしまうのです!この親子丼、実は出汁を使わずしても美味し~く作れてしまう一品。
生徒のみなさんからも毎回人気のメニューなのですよ。

「はじめてさん」にご参加いただいてる生徒さんはほとんどの方がお料理初心者。
初回はみなさん緊張でドキドキ。実習では4人の2チームに分かれて行うので、みんなで協力し合いながら一汁三菜を作っていきます。そんなドキドキなみなさんも回数を重ねるたびに笑顔と笑い声が♪ 最終日には「終えるのが寂しい」とのお声も。たった3回ですが、みんなで一生懸命に作ったごはんをみんなで一緒に食べるということはとても楽しいですね。きっとこれも母めしの一つだなぁ、と感じる瞬間です。

DSCF3675

料理教室ではもちろんレシピをお伝えしますが、それだけではありません。
食材のこと、そしてその本当の美味しい味。3回を通して生徒さんも驚くほど日々の料理への思いに変化を感じられるようです。実際に、ごはんを炊飯器で炊くのをやめて鍋炊きするようになったり、出汁をとるようになったり・・。

ちょっとした道具と さ・し・す・せ・そ の基本調味料さえあればもう怖いもの無し!
是非これからも自分の思う美味しい母めしをお家の方やお友だち、そして自分のためにも作って食べてみてくださいね。
スタッフの私もいつも勉強になる楽しい時間になりました。ありがとうございました!

坂元ありさ

Share on Facebook

[レポート]5月料理教室「いわしの手開き!」

「おぉ!」「きゃぁ!」「わぁ♪」と、にぎやかな声が飛び交った今回の料理教室。
いわし

1人1尾、いわしの手開きにチャレンジしました。
お魚をさばいた経験の無い生徒さんがほとんどで、頭を落とすのにおっかなびっくりだったり、お腹を開けると出てくる内臓にぎょっとしたり・・・。
「あのね、お腹開けて空っぽの生き物はいないのよ。いのちをいただくってこういう事だよね。」なんてお話をしながら、みんなどうにか無事に開くことが出来ました。
いわし2

開いたいわしは、さっぱりおいしい梅しそ焼きに。中骨もカリカリに揚げた骨せんべいにして、おいしくいただきました。
副菜は、たまごの袋煮、新玉ねぎとわかめのサラダ。
袋煮には、卵の他に春キャベツとしめじを詰め込みました。出来上がりを半分に切って見せたら、ココでも歓声が!(笑)
サラダには、カフェでも人気の味噌ドレッシングをかけて。
どれも簡単だけど、おいしくて、見た目にもボリューム感のあるおかずになりました。
IMG_1537

これからが旬のいわし。
ぜひぜひ、忘れないうちに練習して、手開きマスターしてくださいね。
お疲れ様でした。

次回は、基本の調味料さしすせそで作る「和風麻婆豆腐」をご紹介!
皆様のご参加お待ちしております。

(こてやすこ)

Share on Facebook

[レポート]はじめてさんの母めし料理教室(木曜日版)

DSCF2937

木曜日のはじめてさんの教室が始まりました。
この教室は、お料理ビギナーさんはもちろん、改めて基本を知りたい方のための全3回コース。日本の昔ながらのごはん「母めし」の基本を一つずつ丁寧に学びます。初回の5/21(木)は、お鍋炊きご飯と生姜焼き。副菜は青菜のゴマ和えと新ジャガの甘辛煮でした。

DSCF2751

まずはじめにみなさんの顔合わせをかねて、「母めし」の簡単な説明と自己紹介、そして本日の鍋炊きごはんの導入として、「お米の話」がありました。

DSCF2764

やまもりがいつも使っている秋田の山石さんのお米。右から玄米、五分づき、白米と、精米方法に違いがあります。今回お鍋で炊くのは、食べやすさも焚きやすさも栄養バランスもよい五分づき米。下の2つは、左が米ぬか。右はぬか漬け用のぬか床。匂いをかいだり、触ったり。ちなみにやまもりで使っている「こめ油」は「米ぬか」を絞って作られたもの。こうして見ると、日本の食生活に欠かせない「お米」の素晴らしさを実感できますよね。

DSCF2817

そして、2つのグループに分かれての実習です。まずはじめにまどか先生による全体の流れの説明と、トピックごとの実演を見て頂いてから、それぞれのグループで調理して頂きます。この日の実習はじめは、副菜のゴマ和え用の和え衣の作り方。ゴマをフライパンで炒る、炒ったゴマをすり鉢でする。これだけの単純な作業なのですが、実際に自宅でこの作業を行っている人は少ないかもしれません。炒りゴマの香ばしい香り、すり鉢で乳化していくゴマの様子を見て頂いて、このひと手間の意味を味わって頂きます。

DSCF2850

それから、生姜焼きのキャベツの千切りも実演。キャベツの千切りなんて、小学校の家庭科で習ったくらいで、やり方はこれでいいのかな。切るのはこの向きでいいのかな。切った後はどうするのかな。と、不明確だったりしますよね。

DSCF2880

先生の実演が終ったら、グループごとに実際に調理を始めます。お鍋でお米を炊くなんて初めて。本当に炊けるのかしら。ドキドキしながら火加減を調節します。そして、お米を炊いている間に、生姜焼き、ゴマ和えを作ります。

DSCF2902

こちらはお鍋炊きのごはん。沸騰後弱火にして13分したら火を止め蒸します。美味しく炊けた証拠の蟹穴もできて、ふっくらおいしく炊けました。天地返しをしてまた蓋をします。

DSCF2925

お米も炊けて、主催と副菜の準備ができたらいよいよ配膳です。ごはんが左、真ん中が主菜、右がお味噌汁。みなさんがドキドキワクワクしながら作ったはじめての「母めし一汁三菜」が食卓に並んで行きます。

DSCF2942

お待ちかねの「いただきます」の時間。
教室のお仲間と一緒に囲んで頂く昼食は、おいしくてあたたかくて、炊きたてのごはんみたいにほっこりとした時間だったのではないでしょうか。

はじめてさんの教室は、3回コースです。あと2回もどうぞお楽しみに。
ありがとうございました!

 

Share on Facebook

[レポート]4月料理教室「お弁当にも活躍、母めしおかず!」

今回のテーマは
「お弁当にも活躍、母めしおかず」。

IMG_7097

作りたてが美味しいおかずもあれば、時間を置いても美味しく食べられるおかずもありますよね。今回はお弁当にもぴったりな母めしおかずを選んで一汁三菜を作りました。

意外にも好評だったのはサツマイモのレモン煮。

甘くてサッパリしてて美味しい!と早速ご家庭のお弁当に活用してくださった生徒さんも。お弁当に入ってる甘いものってちょっと嬉しいですよね。

誰でも作れるけど、美味しく作るのは難しいおむすびもしっかり実習して皆さんツヤツヤで崩れにくいおむすびが出来ました。

これからの運動会、遠足シーズン、是非母めしおかずを活用して美味しいお弁当を作ってくださいね!

IMG_7094

IMG_7096

<今回のおかず>
もち豚の旬野菜ロール
酢醤油玉子
青菜の海苔和え 
さつまいもレモン煮
おむすび、みそ汁

母めし料理教室 小林まどか

Share on Facebook