[ママblog] 母めしでさぬきを元気に!

DSCF7990
先日、5月、香川県高松市にOPENする「さぬき母めしカフェ」の応援に行ってきた。
地元でITの会社を経営する社長さんが、社屋の1階の気持ちのいいスペースを提供してくれ、地元の元気に貢献する飲食店をライフワークとして運営したいとずっと考えていたオジサン(ごめん!コバヤシさん)がついに奮起して自分の夢に向かい始めた。
地元の有機農業関係の方々や各方面の方々とも協力しながら、管理栄養士の則久郁代(のりひさ いくよ)先生が中心になり現場を統括し、ついに待望の香川県民の元気の拠点が開設されることになった。

中心になる則久先生(私は則ちゃんとお呼びしている)は地元の総合病院に長年勤めながら、さぬきフレンズというボランティア団体の代表も併せて務め、地元の食育に大きく貢献されてきた。
「自然の生命力をいただいて私たちは生きている」ことを多くの人と共感しあいながらダイレクトに伝えていくことを自分の使命と受け止め、一昨年から本格的に食育活動に集中していく人生を歩き始められた。

〈則ちゃんの活動コンセプト〉
「食」を通して、元気な社会を創ります。 
 食べることは、生きること。 
 食べることが、人を創ります。 
 元気な人が育ち、元気な人たちが元気な社会を創りだすことを、目指します。

この則ちゃんの想いは、伝統的な家庭料理を切り口に発信していく母めしの想いと当然のことながらまったくぶれることがなく同じだった。
一昨年、高松空港で則ちゃんと初めて出会ったとき、仕事の話などほとんどせず、自分たちの生き方についてたくさん話しをした。その時に私たち二人は直感的にこれからの繋がりを確信し、共にそれぞれの使命を生きることを確認し合う仲間のような連帯感をもったのだと思う。
私は創業当時から、自然とつながることで生きるエネルギーを感じることのできる感性を持った栄養士さんを探していた。ヒトがもともと持っている生きる力を精いっぱい発揮できる食べ方について考えている栄養士さんにやっと出会えたとその時思った。
則ちゃんが母めしの3冊目のレシピ本「季節の献立」に素敵な文章を書いてくれたのだが、私は一緒に仕事ができることがとても嬉しかった。

香川に母めしの拠点ができて、則ちゃんたち「チームさぬき母めしカフェ」が元気のモトになって、四国に元気な人がどんどん増えてくれたら本当にうれしい。
さぬきの則ちゃんたちが元気で生き生きと母めしカフェを運営していけるよう、東京からエールを送り続けよう。
肩に力を入れず少しずつじっくり向き合いながら、いつの間にかファンが増えて、わいわい楽しい場所になっているさぬき母めしカフェの様子が目に浮かんでくる。
また、香川でみんなの笑顔に会えるのが楽しみだ。

2016年4月27日
やまもり代表 大久保久江

Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">