[レポート]母めしひとくちセミナー「お鍋でご飯を炊いてみよう!」

DSCF6288

日本のお母さんたちが作り続けてきたごはん、「母めし」のエッセンスを、毎月少しずつお伝えしていく講座がはじまりました。

第一回目のテーマは、「お鍋でご飯を炊いてみよう!」

母めしの主食として欠かせない「ご飯」。炊飯器のスイッチをポチッと押せば手軽に食べられるけれど、たまには耳を澄ませて火加減に気を配りながら、お鍋で炊いてみましょう!炊きあがってふたを開けた瞬間の湯気と甘い香りは格別。それだけでとびっきりのご馳走になります。

玄米・分づき米・白米 違いはどこかな?

玄米・分づき米・白米 違いはどこかな?

お鍋をのぞいて「わぁ~! 」 炊きたてご飯のいい香り

お鍋をのぞいて「わぁ~! 」 炊きたてご飯のいい香り

お米を食べるとどうして身体にいいの?毎日どんなふうにご飯を炊いている?
そんなお話をしながら、お鍋で炊いたご飯の保存の仕方や温め方など、私がいつもしていることをお伝えしました。炊き立てご飯のお供には、旬の野菜をまるごと使ったカブの浅漬けとカブ葉の味噌炒めを添えて、お待ちかねの試食タイム。
高級でも豪華でも珍しくもないふつうのごはん。だけどなんだかホッとして、シンプルな気持ちになれる素敵なごはん。それが私たちが未来に受け継いでいきたい「母めし」です。そんな想いが少しでも伝わっていたら嬉しいです。
ご参加下さった皆さま、本当にありがとうございました!

次回は12月18日(金)
テーマは「自分で出汁をとってみよう」
どうぞお楽しみに!

文:小林まどか
写真:梶原悠加

Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">