[レポート] 菌ちゃん野菜作り教室@日野市七ツ塚ファーマーズセンター

11822917_999326673433649_2903753481945567261_o

9月3日、東京都日野市の七ツ塚ファーマーズセンターにて、「菌ちゃん先生」こと農業家の吉田俊道さんによる、土づくり・野菜作りの講習会が開催されました。この講習会では全3回にわたり、生ごみや草を使った土づくりから野菜の収穫までを座学と実習でお伝えしていきます。
やまもりカフェでも、過去2回にわたり吉田先生の講演会をおこない、たくさんの方から大きな反響がありました。また、わたしたち自身も、カフェで出る野菜くずを土に還す「コンポスト」の利用や、食べものの栄養を逃さずにいただく調理法を積極的に取り入れるなど、吉田先生との出会いから、食べることと生きることの繋がりや自然界のいのちの循環をより強く意識するようになりました。
今回は、日野市の「ひの・まちの生ごみを考える会」で企画された先生の講習会に、共催というかたちでご協力させていただきました。

第一回目の講習会は、生ごみを活用した土づくりの理論と実践。先生のご指導のもと、実際に生ごみの土ごと発酵や、大量の草を使った団粒構造改善の一連の流れを体験しました。生ごみの土ごと発酵は、生ごみを直接土に混ぜ発酵させることで、微生物のはたらきが活発な元気な土ができるというもの。野菜づくりをしているけれど土の状態があまりよくない、できるだけ化学肥料に頼らずに元気な土をつくりたい、そんな方にぜひ実践していただきたい方法です。
また、「生ごみ」の中身は野菜や果物の皮、へた、根っこなどがほとんどですが、本来食べものには「食べるところ」と「捨てるところ」という区別はありません。それを決めたのは私たち人間です。おそらく食べやすさやおいしさを追求していく過程で、そういった区別がされてきたわけですが、植物の仕組みを知ると、捨てている部分ほど生命力が詰まっていることが分かります。ですから、まずは食べものはできるだけ、(おいしくいただける範囲で)まるごといただくこと。そしておいしくいただけない部分も、ただ捨てるのではなく、土づくりに活用することで次の食べもののいのちに繋いでいくことで、ごみの削減になるのはもちろんのこと、たべもののいのちをいただくことで自分のいのちがあるという実感が生まれ、心からの「ありがとう」や「いただきます」になる。こころにもからだにも豊かさをもたらすことができるのではないでしょうか。

「ひの・まちの生ごみを考える会」佐藤美千代さん

「ひの・まちの生ごみを考える会」佐藤美千代さん


「菌ちゃん先生」こと、農業家の吉田俊道さん

「菌ちゃん先生」こと、農業家の吉田俊道さん


実習は実際の畑でおこないます。持ち寄った生ごみをつかって、土ごと発酵の講習。

実習は実際の畑にて。持ち寄った生ごみをつかって、土ごと発酵の実践を学びます。



生ごみとして廃棄していたものが、畑の栄養になる。小さな畑やお庭でできて、生ごみも圧倒的に減らすことができる。なにより、この土からできる野菜はおいしいんです。

生ごみとして廃棄していたものが、畑の栄養になる。小さな畑やお庭でできて、生ごみも圧倒的に減らすことができる。なにより、この土からできる野菜はおいしいんです。


c

参加者、スタッフ、総勢30名ほどが集まっての活気のある講習会でした!

今回集まったのは生ゴミリサイクルの活動をしている方、東京の新規就農者、はじめて農に触れる方と立場も目的も様々でしたが、より良い社会をつくりたい!という熱い想いを持っている方ばかりで、モノや情報にあふれた現代社会において、表面的な豊かさではなく、自分たちが自然の一部であるという立場から、人間の在り方の本質的な部分に目を向ける人が増えてきているのを感じました。
吉田先生は、とにかく実践してほしい、と伝えます。それぞれが実践を通していのちの循環や自然界の仕組みを頭と体で実感し、発信していくこと。その積み重ねによって、少しずつ、しかし確実に共感する人たちが増え、社会が変わっていくのだと思います。

次回は10月16日、生ごみの土ごと発酵でつくった土を利用した野菜作りを学びます。
(※全3回の連続講座のため、現在参加者の募集はおこなっておりません。)

大地といのちの会ホームページ

Share on Facebook

[イベント]トークライブ「守りたい、日本のごはん。」 

IMG_1537

㈱やまもり代表 大久保久江

㈱やまもり代表 大久保久江

「あふりかん・ままの台所」主宰 田瀬 恵美子さん

「あふりかん・ままの台所」主宰 田瀬 恵美子さん


多摩地域で暮らす大人のためのライフサークル「多摩らいふ倶楽部」さんが主催するトークライブに、やまもり代表の大久保が出演します!お相手は、国分寺市でマクロビオティックのお料理や暮らしの知恵をお伝えしている教室「あふりかん・ままの台所」を主宰している田瀬 恵美子さん。「母めし」と「マクロビ」、テイストは違えど、どちらも「食べることは生きること」という共通のメッセージを発信しています。そんな二人が食にまつわる活動から得た「よりよく生きるためのヒント」や「これからの日本のごはんの在り方」を、ざっくばらんにお話しします。旬の野菜たっぷりの母めしランチもどうぞお楽しみに!

(以下、「広報たまちいき」より転載。)

「守りたい、日本のごはん。」

大量生産、長期保存が可能となった手軽で便利な現代の食事がある。毎日食べるもの、作るごはんには母たちが伝えてきた本来の日本の食事がある。食をキーワードに活躍する二人の講師をお招きして、ランチ付きトークライブを開催。

[日時]10月07日(水)09:30~11:30
[会場]やまもりカフェ(JR南武線谷保駅徒歩5分 やぼろじ内)
[講師](株)やまもり 代表  大久保 久江 
あふりかん・ままの台所 主宰  田瀬 恵美子
[参加費]3,000円 母めし一汁三菜ランチつき
(※多摩らいふ倶楽部会員の方は2,500円)
[定員]30名
[主催]多摩らいふ倶楽部
[お申込み]多摩らいふ倶楽部ホームページよりお申込みください。

Share on Facebook

[募集中]「はじめてさんの母めし料理教室(全3回)土曜日夜クラス」第4期がはじまります!

DSCF2925

昨年の10月からスタートした全3回コース「はじめてさんの母めし料理教室」も、おかげさまで1周年。土曜日夜クラスは3期を終え、24名もの母めしビギナーさんが母めしの基本をマスターし、たくましくなって巣立っていきました。

とことん基本的なことをお伝えするクラス。なんでも恥ずかしがらずに聞いてくださいね。

とことん基本的なことをお伝えするクラス。はじめは緊張するかもしれませんが、恥ずかしがらずになんでも聞いちゃいましょう!

出汁の回では煮干し、かつお、昆布、それぞれの出汁の違いを確かめます。

出汁の回では煮干し、かつお、昆布、それぞれの出汁の違いを確かめます。


大人気の出汁巻きたまごの実習。みんなで実践しながらコツをつかんでいきます。

大人気の出汁巻きたまごの実習。失敗しても大丈夫。みんなで実践しながらコツをつかんでいきます。


ハードルが高そうに見える母めし一汁三菜も、作ってみるととってもシンプル。誰にでも美味しく作れるようにデザインされた、日本のお母さんたちの知恵と工夫が詰まったごはんです。

ハードルが高そうに見える母めし一汁三菜も、作ってみるととってもシンプル。誰にでも美味しく作れるようにデザインされた、日本のお母さんたちの知恵と工夫が詰まったごはんです。


最終回は達成感あふれるいい笑顔。みなさんよくがんばりました!!

最終回は達成感あふれるいい笑顔。みなさんよくがんばりました!!

「母めし」は、日本のお母さんたちが知恵と工夫をこらして作ってきた、昔ながらのお家のごはんのこと。
お鍋で炊いたご飯のふっくらとしたおいしさ、自分で取った出汁で作るお味噌汁にほっとするひと時 、旬の野菜たちがくれる元気・・・。
そんな小さな幸せと愛情がいっぱい詰まった「母めし」を、みんなで一緒に作りましょう。

「はじめてさんの母めし料理教室(全3回)土曜日夜クラス」、第4期の生徒さんを募集します!

募集、締め切りました!

【開催日時】
第1回 10/3(土)17~20時頃 お鍋炊きご飯と生姜焼き
第2回 11/7(土)17~20時頃 お出汁の取り方と出汁巻たまご焼き
第3回 12/5(土)17~20時頃 基本の調味料「さ・し・す・せ・そ」をマスター
毎回、一汁三菜のお膳を作って、みんなで一緒にいただきます。

【開催場所】 やまもりカフェ

【受講料】 ¥12.960-(税込・全3回)
*初回(10/3)に、お持ちくださいませ。
*3回で1コースの教室です。お客様のご都合によるご欠席の場合、ご返金・振替等はできかねますので、予めご了承ください。
*準備の都合上、3日前からのキャンセルは受講料の50%、前日は80%、当日は100%をキャンセル料として頂戴しますのでご了承ください。

【定員】 8名様 

これからお料理をはじめたい方や、お料理が苦手な方、ご家族においしいご飯を作りたい方、みなさんのご参加をお待ちしております。
お申し込み・お問い合わせはlesson@hahameshi.co.jp までお気軽に。

母めし料理教室・土曜担当こてやすこ

Share on Facebook

[イベント]「すなななフェス」 出店&ワークショップ開催します!

表

母めしを伝え広めるためならば、日本全国どこへでも!そんな想いで活動範囲を広げる準備をしているやまもり。おかげさまで、たくさんの想いを同じくする方とのご縁をいただいて、出張料理教室や出張ワークショップの機会も少しずつ増えてきました。

今回は、やまもりカフェで一緒に勉強会をおこなっている東京の新規就農者のコミュニティ「東京ネオファーマーズ」メンバーのたかよしさんが主宰する「すなななフェス」というイベントにおじゃまして、日本人の知恵が詰まった伝統食「漬け物」ワークショップを開催します!

てっきり農業者だと思っていたたかよしさんはなんとお芝居作家。他の主宰メンバーも音楽家にダンサー(!!)さてさて、一体どんなコラボレーションになるのでしょう・・・???
東京で元気な野菜をつくる生産者さんが集う野菜市、微生物のはたらきを観察できるマニアックなワークショップ、アーティストチームのパフォーマンス。なんとも色濃い「すなななフェス」をどうぞお楽しみください。

出張すなななフェス
2015.10/25(日)
『みんなの寺子屋』

(午前の部)11:00〜
入場無料!みんなで楽しむ市と畑と紙芝居

◯”東京元気野菜”市
◯農家さんのお手伝い体験
◯poy poyの紙芝居パフォーマンス

裏

(午後の部)13:00〜
おとなも学ぶ・つくって考える野菜のこと、土のこと

《1時間目》
畑を耕す小さな農家?微生物の力を観察しよう!
講師:ミライテーブル大塚さん
〜野菜と微生物、土の中での美味しい出会いを考察する〜

《2時間目》
旬の野菜をたくさん食べよう!べったら風だいこん漬けの作り方
講師:やまもりカフェ梶原さん
〜シンプルで身体にやさしい”自家製漬け物”づくり教室〜

《3時間目》
みんなの宴!豊年祭パフォーマンス
〜踊×音楽 あの昔話にのせてみんなでお祝い〜

@東京おかっぱちゃんハウス
〒177-0044
東京都練馬区上石神井3−30−8
Tel: 03−6904−7606​
※西武新宿線 ”上石神井駅”北口より徒歩5分

〈上石神井駅までのアクセス〉
・西武新宿駅から急行で15分、高田馬場駅から12分
・JR、井の頭線 ”吉祥寺駅”より西武バス・成増行きに乗り15−20分

○午前の部
予約不要 入場無料

○午後の部
予約¥2,500 当日¥2,800
※小学生以上 同料金 未就学児 無料

ご予約/お問合せ
sunananafes@gmail.com
タイトルに「10/25予約」、本文に
①おなまえ②人数(小学生以上と未就学児含む)③ご連絡先
を記入しお送りください。

[Infomation]
すなななフェスの情報はこちら
ブログ
facebook

東京おかっぱちゃんハウスの情報はこちら
「東京おかっぱちゃんハウス」

Share on Facebook