やまもりの日々 6月

6月は、夏の前触れを感じる季節。
旬の食材も、春から夏へゆるやかに変化していきます。
 

ズッキーニの味噌炒め

ズッキーニの味噌炒め

国立で野菜作りをしている北島勝俊さんのズッキーニが届くと、「いよいよ夏がくるんだなぁ。」とわくわくした気持ちになります。深いグリーンとずっしりとした手ざわりはなかなかの貫録。
ズッキーニは洋食のイメージが強いですが、実は日本の調味料とも相性はバッチリ。たとえば母めしの定番おかず「味噌炒め」。輪切りにしたズッキーニを味噌でさっと炒めて、仕上げに大葉を加えたら、ごはんが進む一品のできあがり!

主菜では、大きめのサイコロ状に切ったズッキーニをたっぷり混ぜ込んだ「ズッキーニハンバーグ」や、スティック状に切ったものを豚肉でくるくる巻いた「ズッキーニロール」がおすすめです。どれもズッキーニのみずみずしさと食感を楽しめるお料理に仕上げていきます。

ズッキーニハンバーグ

ズッキーニハンバーグ

もち豚ズッキーニロール

もち豚ズッキーニロール

 

少しずつ暑さが増してゆくこの時期。体が欲するものも、じんわり温まる煮物やお味噌汁からおひたしや酢の物などのさっぱりしたものに。季節のことや「食べたい」という体の感覚も、献立を考える時に大切にしたいことのひとつです。

さごちの甘酢あんかけ

さごちの甘酢あんかけ


鰯の梅しそ焼き

鰯の梅しそ焼き


 

暑い季節を乗り切るための大事な食材「梅」も収穫時期を迎え、ジュース用のシロップや梅干しづくりがはじまります。日本人の生活の知恵の奥深さに触れる梅仕事は、日々の慌ただしさの中で忘れてしまいがちな「シンプルで丁寧な暮らし」を思い出させてくれる大切な時間。

谷保天満宮さんからいただいた梅は手作りジュースに

谷保天満宮さんからいただいた梅は手作りジュースに

 

季節に合わせた日本の家庭料理をお伝えしている「母めし料理教室」では、暑い日にぴったりの「和風麻婆豆腐」を主菜にした一汁三菜を作りました。

母めし料理教室「和風麻婆豆腐の回」

母めし料理教室「和風麻婆豆腐の回」


 
麻婆豆腐はレトルトの手軽さも魅力的ですが、自分で手づくりすると、甘みや辛さが家族の好みに合わせて調節できます。基本の調味料「さしすせそ」でできる母めしレシピなら、豆板醤や甜麺醤などの特別な調味料もいりません。色々な調味料を集めることもとっても楽しいですが、基本の調味料だけでバリエーション豊かなごはんが作れたら、経済的でお台所もすっきり。

お料理ビギナーさん向けの3回コース「はじめてさんの母めし料理教室」は第三期の最終回。ごはんを炊くこと、出汁をとること、季節や食べる人の体調を考えながら献立を組み立てること。日々のごはんを作るときに大切なことを、とことん基本にたちかえってお伝えしているこのクラスでは、「回を追うごとに食べることがより楽しくなった!」「おうちでごはんを作りたくなった!」、そんな感想をたくさんいただいています。

「出汁の回」では出汁巻きたまごもつくります。

「出汁の回」では出汁巻きたまごもつくります。

はじめてさん第3期のみんなで記念にパチリ。卒業おめでとうございます!

はじめてさん第3期のみんなで記念にパチリ。卒業おめでとうございます!

 

季節の移り変わりを教えてくれる、そしてわたしたちに元気をくれる食材たちに感謝しながら、今日も愛情たっぷりの母めしを作ります。

山梨県北杜市の共同出荷グループ「のらごころ」さんのお野菜。無農薬・無化学肥料でつくられています。

山梨県北杜市の共同出荷グループ「のらごころ」さんのお野菜。無農薬・無化学肥料でつくられています。


 
仕入れ番長おまちゃん、ぬか漬け番長山ちゃん。

仕入れ番長おまちゃん、ぬか漬け番長山ちゃん。

母めしで、社会を元気に!

Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">