[レポート]はじめてさんの母めし料理教室(木曜日版)

DSCF2937

木曜日のはじめてさんの教室が始まりました。
この教室は、お料理ビギナーさんはもちろん、改めて基本を知りたい方のための全3回コース。日本の昔ながらのごはん「母めし」の基本を一つずつ丁寧に学びます。初回の5/21(木)は、お鍋炊きご飯と生姜焼き。副菜は青菜のゴマ和えと新ジャガの甘辛煮でした。

DSCF2751

まずはじめにみなさんの顔合わせをかねて、「母めし」の簡単な説明と自己紹介、そして本日の鍋炊きごはんの導入として、「お米の話」がありました。

DSCF2764

やまもりがいつも使っている秋田の山石さんのお米。右から玄米、五分づき、白米と、精米方法に違いがあります。今回お鍋で炊くのは、食べやすさも焚きやすさも栄養バランスもよい五分づき米。下の2つは、左が米ぬか。右はぬか漬け用のぬか床。匂いをかいだり、触ったり。ちなみにやまもりで使っている「こめ油」は「米ぬか」を絞って作られたもの。こうして見ると、日本の食生活に欠かせない「お米」の素晴らしさを実感できますよね。

DSCF2817

そして、2つのグループに分かれての実習です。まずはじめにまどか先生による全体の流れの説明と、トピックごとの実演を見て頂いてから、それぞれのグループで調理して頂きます。この日の実習はじめは、副菜のゴマ和え用の和え衣の作り方。ゴマをフライパンで炒る、炒ったゴマをすり鉢でする。これだけの単純な作業なのですが、実際に自宅でこの作業を行っている人は少ないかもしれません。炒りゴマの香ばしい香り、すり鉢で乳化していくゴマの様子を見て頂いて、このひと手間の意味を味わって頂きます。

DSCF2850

それから、生姜焼きのキャベツの千切りも実演。キャベツの千切りなんて、小学校の家庭科で習ったくらいで、やり方はこれでいいのかな。切るのはこの向きでいいのかな。切った後はどうするのかな。と、不明確だったりしますよね。

DSCF2880

先生の実演が終ったら、グループごとに実際に調理を始めます。お鍋でお米を炊くなんて初めて。本当に炊けるのかしら。ドキドキしながら火加減を調節します。そして、お米を炊いている間に、生姜焼き、ゴマ和えを作ります。

DSCF2902

こちらはお鍋炊きのごはん。沸騰後弱火にして13分したら火を止め蒸します。美味しく炊けた証拠の蟹穴もできて、ふっくらおいしく炊けました。天地返しをしてまた蓋をします。

DSCF2925

お米も炊けて、主催と副菜の準備ができたらいよいよ配膳です。ごはんが左、真ん中が主菜、右がお味噌汁。みなさんがドキドキワクワクしながら作ったはじめての「母めし一汁三菜」が食卓に並んで行きます。

DSCF2942

お待ちかねの「いただきます」の時間。
教室のお仲間と一緒に囲んで頂く昼食は、おいしくてあたたかくて、炊きたてのごはんみたいにほっこりとした時間だったのではないでしょうか。

はじめてさんの教室は、3回コースです。あと2回もどうぞお楽しみに。
ありがとうございました!

 

Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">