〔母めし料理教室〕「いわしの手開き!」参加者募集!申込受付4/30(木)~

家族においしいものを食べさせてあげたい。
毎日のことだからなるべくシンプルで、自然のめぐみいっぱいの食事を作りたい。
おうちで作るごはんがもっとたのしく、そしておいしくなる、そんな「母めし」をお伝えする料理教室です。

今回のテーマは「手開き」
お魚料理は何となくハードルが高い…。塩焼き以外のお料理が思い浮かばない…。という声をよくききます。
旬のいわしはお値段も手頃で栄養タップリ。母めしの強い味方です。
今回は手開きの実習をします。是非、ご自分でさばけるようになって新鮮ないわしの美味しさを実感してください!

ご自分で手開きしたいわしで、主菜に「いわしの梅しそ焼き」を作ります。副菜は「たまごの袋煮」他、旬の野菜を使った一汁三菜を予定しています。
みんなで楽しく母めしを作って、美味しくいただきましょう。

【開催日時】
①5/28(木)10:00~13:00
②5/30(土)17:00~20:00⇒キャンセル待ち受付中。
③6/4(木)10:00~13:00⇒キャンセル待ち受付中。
 
【開催場所】やまもりカフェ

【参加費】¥3,780-(税込)

【定員】各回8名

【持ち物】
①エプロン
②スリッパ
③三角巾
④ハンドタオル
⑤筆記用具

【申込開始日】4/30(木)より

【申し込み方法】〔必要事項〕を記載の上、メールでお申込み下さい。お問い合わせもこちらへ!⇒lesson@hahameshi.co.jp
〔必要事項〕
・氏名(ふりがな)
・参加希望日(①5/28(木)②5/30(土)③6/4(木)からお選びください)
・電話番号
・連絡先メールアドレス(受付完了時にご連絡いたします。携帯メールの場合「@hahameshi.co.jp」から受信できるようメールフィルターをご確認下さい。)

<キャンセル>
準備の都合上、前日のキャンセルは受講料の50%、当日は100%をキャンセル料として頂戴しますのでご了承ください。なお、ご家族やご友人の代理参加は可能です。

・・・・・・・・・・・・・・・
【母めし料理教室】
1)「木曜クラス」 毎月第1&最終週木曜日(月2回)10時~13時予定
※GWや夏季、年末年始は開催日程が異なることがございます。
※お子様連れでご参加される方は実習中おんぶが原則です。
2)「土曜クラス」 毎月最終週土曜日(月1回)17時~20時予定 
3)「はじめてさんの母めし料理教室」土曜コース(全3回)次期開催準備中 
4)「はじめてさんの母めし料理教室」木曜コース(全3回)次期開催準備中

Share on Facebook

[イベント]「聖者たちの食卓」上映会

poster2

※こちらのイベントは現在申し込みを終了しております。

10万人もの大きな大きな家族のために作られるたくさんの食事。
そして淡々と繰り返される仕込み・食事・後片付け。
その光景は衝撃的であると同時に、とてつもない豊かさを感じます。

映画「聖者たちの食卓」は、BGMもナレーションも一切なし。見る人によって視点も感想もさまざまで、そこには正解も不正解もありません。隣にいる人と、一緒に観た家族や友達と、まったく違うことを思うかもしれません。そんなところも楽しんでいただけたら嬉しいです。

また今回の上映会では、作品上映後、「草の根カフェ」さんが作るインドの母めし「ターリープレート」(カレー定食)をみんなで一緒にいただきます。
感想をシェアするもよし、黙々とカレーを味わうもよし、それぞれの楽しみ方でお過ごしください。

「草の根カフェ」・・・ 美味しいごはんを食べながら、食・環境のことなどを考えてもらう「草の根交流の場づくり」を目的に、学生のときにに立ち上げる。 現在は千葉県四街道市の「さくらそう」にて月一回出店している他、呼ばれたら何処へでも!スパイス持って参上し、カフェを開いています。

「草の根カフェ」・・・
美味しいごはんを食べながら、食・環境のことなどを考えてもらう「草の根交流の場づくり」を目的に、学生のときにに立ち上げる。
現在は千葉県四街道市の「さくらそう」にて月一回出店している他、呼ばれたら何処へでも!スパイス持って参上し、カフェを開いています。

【作品内容】※公式HPより

インドのシク教総本山にあたるハリマンディル・サーヒブ<黄金寺院> では、毎日10万食が巡礼者や旅行者のために、すべて無料で提供されている。そこは宗教も人種も階級も職業も関係なく、みなが公平にお腹を満たすことができる「聖なる場所」だ。想像すらつかない沢山の食事は、毎日どのように用意されているのだろうか? スクリーンに映し出されるのは、驚くべきキッチンの舞台裏と、それに関わる人々の一切無駄のない神々しい手さばき。もちろん、近代的な調理器具は使わず、全てが手仕事で行われている。

監督は、自らも移動式キッチンのシェフとして腕をふるうベルギーのフィリップ・ウィチュスとヴァレリー・ベルト夫妻。黄金寺院で何世紀にも渡って続く「聖なるキッチン」のコンセプトに感銘をうけ、映画の制作を決意。訪れた人があらゆる差別や偏見を気にせず、同じ鍋のごはんをいただく“大きな団らん” と、それを支える人々の無償の労働。その姿はファストフードやコンビニ弁当による「ひとりご飯」が当たり前となってしまった私たちに、「食」という人の営みの原点を思い出させてくれる。インド黄金寺院で古くから伝わる食卓の風景に、心解きほぐされる極上のショートトリップ・ドキュメンタリー。

[日程]2015年5月31日(日)
[タイムスケジュール]
※2部入れ替え制となっています。お申し込みの際にご希望の回をお知らせください。

①16時の部
15:40受付開始
16:00上映開始
17:10休憩
17:20インドの母めし「ターリープレート」食事会
18:00入れ替え

②18時の部
18:00受付開始
18:15上映開始
19:25休憩
19:35インドの母めし「ターリープレート」食事会
20:15終了

[場所]やまもりカフェ 東京都国立市谷保5119
[入場料]2,500円(食事、のみもの付き)
※未就学児無料、小学生1,500円
[定員]各回30名

Share on Facebook

[レポート]3月料理教室「お赤飯」

おめでたい時には、お母さんの手作りお赤飯でお祝い・・・そんな光景もだんだん減ってきましたね。
母めし料理教室では、そんなお赤飯にあえて挑戦しました!

お赤飯上手に蒸せたかな。みんなで味見中。

上手に蒸せたかな?みんなで味見中

 
お赤飯は、蒸し器や蒸籠で蒸して作るんです。
蒸気でほんわか、もっちり、格別な味わい♪

おせきはん

 
さっそく、お子さんの入学のお祝いに作られた生徒さんが多かったみたい。きっと思い出の味になったはずです。

赤飯 鰆

さわらの黄身味噌焼き、春菊の白和えも、簡単なのにお祝いやおもてなしにぴったりなおかず。
花麩を浮かべたお吸い物も添えて、母めしお祝い膳が出来ました。

次回のテーマは、 「お弁当にも活躍、母めしおかず!」です。
お申し込みは、お早目に!

Share on Facebook