「手前味噌」ワークショップ、開催しました!

1月18日(日)。やまもりカフェのお味噌汁のお味噌でお世話になっている山梨県の老舗「五味醤油」さんの五味洋子さんに、「手前味噌」づくりを教わりました。子どもと大人15組のみなさんで満員御礼の会場です。

まずはじめにアニメーションでイメージトレーニング。

_DSF1861
さあ、作業開始です。麹と塩を素手でよくまぜます。

_DSF1895

五味さんが煮て来てくださった山梨の大豆。
手で豆のつぶを丁寧につぶしていきます。小さな手もがんばります。

_DSF1913_DSF1945_DSF1938
豆がつぶれたら、あらかじめ混ぜておいた麹と塩を合わせます。

_DSF1962

豆、麹、塩をあわせたボウルに大豆の煮汁を加え、

_DSF1967
さらに、こねこね、こねこね。

_DSF1968

もう、こねこねの作業がたのしくって、こどももおとなもみんな笑っちゃいます。
こんなに楽しく笑顔でこねこねしたお味噌です。美味しくないわけがないですよね。
みそ、みそ、みそ、手前みそ〜♪ 唄いながらこねこね。

_DSF1973_DSF2013_DSF2039
よくまざったらおだんごを作って、容器につめていきます。

_DSF2027
_DSF2065_DSF2069

おだんごを詰めたら、うえからげんこつでよく押して、最後に塩をかけて容器を密封してできあがりです。オリジナルの手づくりの「手前味噌」。半年熟成させて完成です。

_DSF2062_DSF2097

作業がひととおり終ったあと、お片づけをしてみなさんと一緒に、お味噌汁をいただきました。「手前味噌づくり」の後にいただくお味噌汁の味も格別!

_DSF2093_DSF2102_DSF2109
最後にみなさんでパチリ。参加者のみなさま、五味さん、最高の笑顔をありがとうございました。出来上がったお味噌の感想もお聞かせくださいね。

_DSF2084

●五味醤油さん
http://yamagomiso.com

Share on Facebook

[レポート]「はじめてさんの母めし料理教室」第1回

DSCF2027
「はじめてさんの母めし料理教室(全3回)」、2期目がスタートしました。

はじめてさんの第一歩、1回目のテーマは、ニッポンの主食・ご飯です。「分つき米って何だろう?」とか、「お鍋でご飯を炊いてみよう!」などをレッスンしました。

DSCF2066
やまもりスタッフは、私も含めてほとんどがお鍋炊き派。炊飯器より早く炊けて、断然おいしいんです。生徒さん達からも「おいしい!」と声が上がってました。ふつうのお鍋でも簡単に炊けるので、ぜひお家に帰ってもチャレンジしてくださいね。

DSCF2109

おかずには、もち豚の生姜焼き、切干し大根の煮物、ほうれん草のごま和えを作りました。
カフェでも人気の生姜焼きは、ご飯が進む定番メニュー。
ごま和えは、和え衣さえ覚えてしまえば、いろんな野菜でアレンジ可能。今なら、ほうれん草の他、春菊やごぼうも美味しいです。

DSCF2050
DSCF2088
忙しい日々の中で、乾物を戻したり、ごまを炒ったり、すり鉢ですったりは、ちょっと・・・と思いがちですが、そんなちょっとした時間こそ、ゆったり楽しんでもらえたらなと思います。
次回のテーマは、お出汁です。お楽しみに。

DSCF2146

DSCF2136
そして、2月から土曜日も、お気軽にご参加いただける単発クラスをはじめます。近々、Facebookや店頭でご案内しますので、どうぞお見逃しなく!
(こてやすこ)

Share on Facebook

[料理教室]1月の教室「イカと長ネギのかき揚げの会」レポート

_DSF1534

1月8日 新年第一弾の母めし料理教室を行いました。

作ったのは
スルメイカと長ネギのかき揚げ
白菜と厚揚げの煮物
長いもの梅肉おかか和え

 

_DSF1503

おせちに飽きた身体が喜ぶメニューです。
白菜と厚揚げの煮物は最後に片栗粉でトロミをつけることによって水っぽくならず、温かさも長持ち!白菜が旬の今にピッタリの一品でした。

_DSF1491

さて、新年第一弾。生徒さんそれぞれの新年の豊富を聞きながらのティータイム。おやつは鏡開きが近かったこともあり小豆を焚いて白玉のお汁粉にしました。翌週には何人かの生徒さんか、早速小豆を煮ました!というご報告も。嬉しいですね。これからも母めし料理教室では季節に寄り添い、手作りが楽しくなるようなメニューの提案をしていきたいと思ってます。

_DSF1549

今年も’母めし’をたくさんの方にお届けできますように。料理教室チーム張り切ってまいりたいと思ってます。どうぞ、お楽しみに。

_DSF1479

 

 

 

 

Share on Facebook