[レポート]10月4日(土)「はじめての母めし料理教室」

_DSF5739新しく始まった「はじめての母めし料理教室」。
海で囲まれた島国、日本。先人たちが暮らしの中でみつけた海の恵み。かつお、こんぶ、いりこから取る<出汁>も、時代、時代の人々が、これば必要だぞ!と今に残してきたもの。2回目の<はじめての料理教室>のテーマは出汁でした。

_DSF5694まずは、3種類の取り方のデモンストレーションから始まりました。3つの鍋に、かつお、かつおと昆布、いりこ、と出汁の香りが漂ってきます。ひとつづつ味見。体に沁る、、、、。皆さんの顔もほっこり。

生徒さんからは、「時々取るけれど、なんとなくでとっています」、「面倒なのでだしパックを使っています」などの声が出ました。出汁を取る=手間のかかることのイメージ。今回は、それぞれのポイントを押さえて、家庭で無理なくできる取り方で、夕飯の支度の中で取れる出汁取りをお伝えしました。

_DSF5773

<第2回目の献立>
主菜は<ぶりの照り焼き>、副菜は<出し巻き卵><小松菜のお浸し>、漬物<昆布の佃煮>、新米のご飯とお味噌汁。

_DSF5736<かつおと昆布の出汁>は、出し巻き卵と小松菜のお浸しに。<いりこの出汁>は、わかめと豆腐でお味噌汁。そして、<かつおと昆布の出汁がら>の使い方をと、こて先生が昆布の佃煮と鰹節のふりかけを用意してくれました。これは、とまらない美味しさでした。

_DSF5760<はじめての料理教室>も、9月、10月と2回を終えました。
皆さんも、リラックスして楽しんでられるように、お見受けします。

_DSF5776
毎日つくるご飯、極めるではなく、ちょっとしたコツだったり、これでも大丈夫!だったりをお伝えして、みんなで作ること、食べることを楽しんだり。
最終回の11月は、母めし一汁三菜の献立の立て方。食材たちも、秋の顔になってきました。お楽しみに。

_DSF5796

Share on Facebook

[料理教室]9、10月の母めし料理教室(レポート)


_DSF5658

9月(9/25.10/2)木曜の母めし料理教室は”秋刀魚”でした!

母めしでは旬の食材を大切にしていますが、今回はまさに季節を感じる食材、
秋刀魚ときのこをふんだんに使った秋の献立になりました。

・秋刀魚の甘辛煮
・きのこのしょうゆ煮
・きのこの炊き込みごはん(きのこのしょうゆ煮を使ったもの)
・青菜のごま和え

_DSF5627
前回の鰯に続き今回の秋刀魚。
魚を一から調理する楽しみにはまってしまう生徒さんも続出です!
はじめはおそるおそるだけど、調理してみると意外と簡単?!
家でも作りました!というたくさんの声をいただき嬉しいです。

_DSF5623

「きのこのしょうゆ煮」は、今回のように炊き込みご飯に使う以外にも、卵焼き
に入れたり、大根おろしとあえたり幅広く使えます。
忙しいお母さんたちのお助けアイテムになってくれたらと、まどか先生が試行
錯誤して考えた一品です。
最近お店では、豆腐ステーキのきのこあんかけにも使っているんですよ!
美味しいアレンジができたら是非わたしたちにもお知らせくださいね。

_DSF5636

_DSF5642

青菜のゴマ和えは、水菜やほうれん草で作りました。
母めし料理では、すり鉢が大活躍!
変化する香、ごりごりとする感触・・・五感で楽しむ料理です。

また、今回の料理では、油をほとんど使いませんでした。それでも脂ののった
秋刀魚や、ごまあえを副菜にすることで、うまみとコクのあるバランスのとれた
一汁三菜ができるんですね。

新米も美味しい季節、秋の実りを満喫しましょう!
これからも四季を大切にした母めし料理教室にしていきたいと思います。
(やまもりカフェ 茶木みどり)

_DSF5661

【木曜クラスからお知らせ】

開催日について:
月2回/月末、月初の木曜日に同じ内容で開催しています。
*最終週(木)と第一週(木)10:00~13:00

〔2014年内の予定〕
・揚げだし豆腐 10/30.11/6
・手作りおでん 11/27.12/4
・おせち 12/18 ※12月のみ1回開催です。

現在、全ての回満席のためキャンセル待ちを承ります。
1月以降については改めてお知らせします。

[お申込・お問い合わせ]
下記、メール又はお電話にてお申し込みください。
メール:info@hahameshi.co.jp 電話:042-505-4034

Share on Facebook