[「母めし一汁三菜」出版のお知らせ]

母めし一汁三菜 母めし一汁三菜 みんな大好き母の味 ずっと伝えたい和食献立

母めし一汁三菜 母めし一汁三菜 みんな大好き母の味 ずっと伝えたい和食献立

いつも母めしへのご共感、カフェのご愛顧、ありがとうございます。
くにたちの桜は満開、最も華やかで美しい季節となりました。
そんな素敵なこの春、私たちやまもりカフェ(株式会社やまもり)は、マイナビ(出版社)さんから、「母めし一汁三菜 みんな大好き母の味 ずっと伝えたい和食献立」の本を出版させて頂くことになりました。

この本は、決して特別な料理人や、著名な料理家のレシピではありませんし、目新しいことも、おしゃれな盛りつけもありません。どこかなつかしい、お母さんがいつも作ってくれていたお料理。家にある基本の調味料でできる、本当にシンプルな普通のお料理ばかりです。でも、このことこそが私たちが今、伝えたい「母めし」のテーマでもあります。
この本に出てくるレシピは私たちがアレンジはしていますが、日本のお母さんたちが家族の元気を支えてきたお料理、親から子へ、子から孫へと伝え継がれながら、積み重ねてきた知恵と工夫の結晶なのです。

自分の五感がどんな食べものを欲しているかを知って食べることは、自分自身を受け入れていくこと。自己受容しにくくなった社会ですが、食べることを通じてできることはたくさんあるのではないかと思います。
ですから、この本は五感に応じた料理のヒントになることを願って作られました。母めしを作って食べて、元気になる人がたくさんいてほしいと思います。そして、心と体が充実した人たちが、元気な社会を築いていくことを願ってやみません。

_DSF4613

制作にあたり、日頃カフェで何十人分と作っているメニューを、家庭で作りやすい2人分のレシピにするために、何度も検証を行いました。
お料理は全て定休日のやまもりカフェで、編集者さん、デザイナーさん立ち会いのもと、カメラマンさんにやぼろじのお庭から入る自然光で撮影して頂きました。
わたしたちのお料理が、プロのカメラマンさんのレンズを向けられて、ちょっと照れくさそうにはにかんでいるようでした。
毎週のように何度も行われた撮影の合間には、スタッフのみなさんと食卓を囲み、撮影したお料理(まさに同じ釜の飯)を食べながら意見交換しつつ、あたたかく有り難い時間を共有させて頂きました。

_DSF4622

「ねえ、お母さん、肉じゃがってどう作るんだっけ?」
と、お母さんに作り方を聞くような気持ちでページをめくって、この本をいつも台所に置いて長くご愛用頂けると嬉しいです。

書籍の詳細とお買い求めは、下記URLをご覧ください。(4月9日より順次全国書店にて発売となります)
■マイナビ
http://www.mynavi.jp/news/2014/04/_49.html
●amazon
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4839950377/mynavibooks-22/
■PRTIMES(プレスリリース)
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000483.000002955.html

Share on Facebook