「母めし」のおいしさと元気の源、ここにあり。

いつもお世話になっている「大省小店」さんにて。ママさん曰く「旬のおすすめやおいしくいただける調理方法は、お店の人から直接お聞きするのが一番。メニューのヒントを頂くことも多いのよ」

いつもお世話になっている「大省小店」さんにて。ママさん曰く「旬のおすすめやおいしくいただける調理方法は、お店の人から直接お聞きするのが一番。メニューのヒントを頂くことも多いのよ」


「わたしね、市場に来ると元気になれるの、なぜかしらね。」という、大久保ママさん。毎日作る母めしの食材の仕入れの時間がママさんを元気にしているのだそうです。「母めし」のおいしさと元気の源、ここにあり。今日は、そんなママさん御用達の市場をご紹介します。

ママさんが通う市場は、やまもりカフェから車で5分くらいのところにある府中市「大東京綜合卸売センター」。
広い敷地に、青果、食肉、水産、乾物、総菜、雑貨など、「ないものはない」とばかりに、70店もの専門店が軒を連ねています。ママさんはいつも朝8時前に来て、青果(野菜)、魚介、だし専門店で買い物をして、9時にはカフェに仕入れた食材を運びます。
卸売りの市場なので、各お店ごとに営業時間が違いますが、生鮮店は早いお店で朝5時開店、午前11時には閉店します。

カフェで使う野菜の多くは、「のらごころ」さんや「東京ネオファーマーズ」さんから旬の無農薬野菜を仕入れていますが、季節によって手に入りにくいものは、こちらの「藤崎青果」さんで仕入れています。

「藤崎青果」さんの店頭。この日は、菜の花、ふきのとう、こごみ、山うどなど、全国の春の旬の野菜が並んでいました。

お次は「出島」さん。カフェで使用しているだし用の昆布と鰹節や、「母めし健康食堂」の合わせだしセットでお世話になっているだしの専門店です。いつもここで削りたてのものを仕入れています。

カフェで使用している鰹節と昆布は、こちらでお世話になっています。

昆布は高品質の羅臼昆布の切り落としがおすすめ。昆布の中央の部分はカットして大きさを揃えて高級品として売られていますが、まわりの切り落とした部分は形が不揃いというだけで手に入りやすい価格になります。


鰹節は、荒節をお店で削って頂いていて、出汁もよく出て風味が違います。

カツオの荒節は、出汁もよく出て風味もよくておすすめ。写真手前が荒節。奥の白っぽいものが、荒節を削って裸節にし、さらに数週間干してカビ付けをして日乾した枯節。

しらすも充実のラインナップ。思わず個人的に新ものをたくさん購入してしまいました。

出島さんは、その他だしの椎茸や海産物の乾物も充実のラインナップ。この日はしらすの新ものもありました。

そして、鮮魚の「大省小店」さん。
生きのいい魚介類からあふれるパワー、働く方々の活気、店頭に並ぶ色とりどりの魚を見ているだけでも、脳みそが活性化するのを感じます。

「今日のおすすめは、舌平目。ソテーにすると美味しいよ。」

「今日のおすすめは、舌平目。ソテーにすると美味しいよ。」

この日はメバチマグロの解体も拝見!迫力満点でした。

この日はメバチマグロの解体も拝見!迫力満点でした。


ホウボウ。こんな不思議でユーモラスのあるお魚、初めて見ました。

ホウボウ。こんな不思議でユーモラスのあるお魚、初めて見ました。


おくさん、お買い得!タイが一皿540円ですよ!

おくさん、お買い得!タイが一皿540円ですよ!

早起きでお買い物したのでお腹もペコペコ。最後の〆は、ママさんがお買い物の最後に必ず立ち寄る「府中藤ノ木」さん。手作りの具沢山のお惣菜パンや、クリームパンやコッペパンに生クリームがサンドされたパンなど、ちょっと懐かしい雰囲気の菓子パンが並んでいます。

私はハムカツパンを購入。心もお腹もいっぱいの満足感。

私はハムカツパンを購入。心もお腹もいっぱいの満足感。


時計を見るとまだ10時半!この充実感なのにまだ午前中で、なんだか得した気分です。

この他にも、容器専門店やアジアン専門食材店、100円ショップにも立ち寄りました。市場は、おいしくて新鮮な食材をお安く賢く買えるだけではなく、ママの言う通り、ワクワクして脳みそも活性化、元気になれるパワースポットでした。

飲食店や業者向けの市場ですが、もちろん一般の人もお買い物ができます。お買い物の好きなかた、おいしい食材に目のない方、少し早起きして卸売市場へ行ってから、やまもりカフェでのんびりランチというのもおすすめですよ。
(写真/文:小林未央)

Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">